かなり多くのアメリカ人が、ネット通販以前は、すべての買い物はスーパーマーケットとMallにて、という感覚でした。デパートも入っているし、チェーン店も入っているし、専門店も入っているという、とても便利なところなのです。だいたい、多くの場合、都市部で人口が多ければ、ひとつの町にひとつあるくらいで、土日の混み具合は、東京の新宿や渋谷くらいの密度になることもあります。とはいえ、そもそもひとりあたりの空間が広いので、あそこまでという感じではありますけども(笑)。とはいえ、個人空間が広めにできているアメリカ人全般からいうと、Mallを嫌う人口は一定数います。日本人でも混雑が嫌いという方々がいるように。

やはりITの発達で、ネット通販が発達してきたために、少しMallの景気が変わってきたようです。けれども、配達制度が少し違うので、日本ほどの伸びではないようです。アメリカの配達は、基本的に不在であっても、家の前に置きっぱなしにするケースが多いのです。重要書類で発送した側に「書留」のような注意書きがあれば再配達は実在します。その場合の再配達は「自分で処理して取りに行く」か「再配達の依頼」をしなければなりません。自動的に日本のように翌日にまたトライしてくれるということはないのです。

この置きっぱなし、というのに、日本の方々はみなびっくりしますよね?アメリカでは、どういうことか、この置きっぱなしの荷物が盗難に遭うということがあまりないようです。私自身経験はありません。自分がいる時間帯を指定することができることがまず第一にその理由で、近隣の人々が見張ってくれていることもあり、よい住宅地に住めば盗まれることはほぼないと言えそうです。New Yorkなどの混在が多いところはわかりませんし、個人的な体験でしかないと言われてしまえばそれまでなのですが、いわゆる住宅地というところに住むと問題はさほど起きませんし、保険をかける配達法も選べるためだと思われます。慣れている人たちはこの荷物に保険を掛けることは、よくやっているようです。

しかも、デリバリーの質と料金が比例しているので、選べることが大切で、購入時にどれを選ぶか?というのがキーポイントになっていることもあるからなのでしょうね。

さて、Mallの話に戻りますが、Mallの典型的なものは、どかーんとだだっ広いところにものすごい面積に存在しており、駐車場がその建物を一周している場合や、側面すべてを使っている場合など、とにかく駐車①選びにより、歩く距離や買い物手順が違う、という難点があります(笑)。広いのです。どのくらい広いか?というと、行ったことがある方はお分かりと思いますが、女性で「ひとりのジョギングは怖い!」という人が、解放されている場合には、Mallを利用してジョギングするくらいに広いのです。一時期はこれが流行っていたのですが、やはり買い物客に迷惑ということで、場所や時間が限定されるようになったりと、流行り廃りのものになりました。

私は買い物がとてつもなく早い&速いのですが、それでもまじめに1周しようとすると、3時間ほどはかかるのではないでしょうか?イチイチ店内に入り、丹念に見ることはなく、ひっかかるもののみで考えても、です。もしもすべてのお店を丁寧に見ていくと、おそらく丸1日かかると思います。そのため、フードコートがあったり、子どもを遊ばせる広場があったり、いろいろなサービスがあります。ATMも大きなところでは3つくらいあったり、映画館やレストランもついているMallも多くあります。

ゆえに、長く住んでしまうと、目的物のみのために出かける感じで、駐車場所がどうしても気になるのです。でなければ、無駄に時間がかかるのです。買い物が好きな女性たちは、デパートと同様、季節やその他で変わるディスプレイウィンドウや、セール品などを見て歩くだけで、相当なウォーキングをしているに違いないです(笑)。

私個人は、家事の中で最も苦手なのが買い物なので、Mallを上手に使っていなかったかもしれず、あるいは思いのほか上手に使っていたかもしれず、他者評価にゆだねるしかないのですが、聴いてみると、余分なものもけっこう買ってしまうような、購買心理をよく考えた作りになっているMallは、本当にたくさんあるようですし、ひとつひとつのお店も売るための努力をしていれば存続しており、そうでなければ「あれ?もう違うお店が入ってる!」となってしまうようです。

私がMallでイヤだったのは、若い子たちの屯(たむろ)を見ることでした。ゲームセンターもついているところはけっこうあり、若い身空で、楽しみがコレ?と思ったりもしたものです。とはいえ、私個人がゲーマーではないので、そう思ってしまっただけで、アレはアレで楽しいのかもしれません。SEGA、BANDAI, ATARIなどの機械たくさん入ってることは、ちゃんと確かめたりして(笑)。

お洋服の買い物につきあい、友人たちの顔がぱっと明るくなるなど、買い物というのはいいこともあるのかもしれません。スーツを仕立てるまでのサービスをしてくれるチェーン店などもMallに入っているケースが多いので、ご活用ください。

家具はやはり家具専門店で買ったほうがいいと思いますし、家電もMallにたまたま入っているのは善しですが、独立したでーんとどーんと構えているほうが、品数も幅もたくさんあるような印象です。PC関連やDIY関連も同様です。専門性の高い分野は、品ぞろえや質を考えると、やはり独立した大きな店舗になっているところがおススメで、Mall内で済ませないほうがいいように思えます。

一気に買い物デーにしたい場合には、Mallのいい使い方をエンジョイしてください!時間つぶしや情報収集などもできますし、アイディアのひらめきなどにもいい場所だと思います。特に商売を考えている方々には、宝庫となるはずです。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_largest_shopping_malls_in_the_United_States