行く場所その目的にもよりますが、住むとなると英語はかなり必要です。どの程度か?と言われると、今お話しになっている日本語の80%ほどがカバーできる感じになると、まったく不自由はないのではないでしょうか?ビジネスの鬼だとしても、片腕になってくれる外国人の文化背景を理解してくれるアメリカ人は、パートナやアシスタントとして見つかります。なので、8割がたの自信と実力があれば、おそらく問題ないと思われます。

結論を先に言ってしまったので、どうやって発展させていこうか?(笑)

オンラインサイトで、みなさんがどのように言っているか?を見てみましょう。

TOEIC900点以上説

前編 http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/americadekigyou_detail/id=2330

後編 http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/americadekigyou_detail/id=2331

TOEIC650点程度説

http://festivo.org/supporter/2335 

外資系に勤めるための英語力データ

https://toranet.jp/contents/trend/soken/879/

英検2級以上・TOEIC730点以上説

http://wwj.world/2016/10/english-level-for-working-abroad/

シリコンバレーで起業した人の意見

http://shibataism.hatenablog.com/ 

うーん、どれもあまり納得できないです。

実はワタクシは、英語スクールを経営しているのです。私の生徒さんは、日本に居ながら、字幕なしで映画が見れるようになるヒトは、最速で4か月、遅くてもだいたい1年以内には見られるようになっています。TOEICも3か月で300点くらいは上がります(もちろんスタートしたスコアにもよりますが、450→750くらいとか、500→800とか?)。

そこで目標にしていただいているのが、自分の日本語(母語)の80%を目指していただくことなのです。日本語でできることを目指していただくことで、英語ができるようになったからって、必ず起業できるとは限らないわけです。だって、母語でできないことは第2言語でできるわけがない (・・;)

こちらが私が経営している英語スクールのサイトです。http://preciousoneenglishschool.jp/ 

独学したい方はこの教材を。スクールに通わずともご自宅や会社で動画を見ながら学べます。英語に関するBlogもぜひお読みください。

http://kickmeenglish.com/ 

くどくどと言いたくはないですが、正しい英語などあるわけもなく、日本語も学んだからできるようになったわけでもなく、生きていく中、成長に伴い自然に学んできたと思うわけです。だとしたらそれをもう一度、英語で繰り返せばよいと予測がつきます。しかし、大人になってしまったし、英語も中高大などで学んでしまい、さらに英会話学校やその他で学んでしまったりもしたので、「間違った認知・考え方・クセ」などがついているはずです。それを取っ払った上で、正しい順番で組み込んで入れ替えていき、正しい知識を入れなおしていくことができれば、あまり苦労なく英語はできるようになります。

ただし、同時に日本語能力もあげていかねばあまり意味がありません。さらに、折れない心、柔軟な心も作っていかねば意味がないのです。なぜならば、新たな文化を学んだり、ビジネスのやり方を学んだり、多様性に臨機応変に対応していく能力も必要ですし、挫けてもメゲナイようにせねば、時間と情熱とお金をかけても、水泡に帰してしまうかもしれないです。

英語をマスターするのは、今、できないみなさんが考えているよりは、難しいことではありません。アメリカに24歳半の小娘時代に行き、英語もできなかったのに、ヘリコプターのパイロットの事業用&教官用のラインセンスを取得し、東大よりもいい大学に入った私が生きた証拠みたいなものです。何が違ったか?というと、英語力ではないのです。

心意気や生きていく方向性にどのくらいひたむきだったか?ということが焦点です。英語はいくらでもその熱度についてきてくれます!