アメリカのお金持ちは、お金持ちらしく暮らしているのか?桁違いの人たちはそうなんでしょうね。私も数回ぽっきりであれば、Manor(荘園・領地)と言われるくらいの大邸宅にお邪魔したことはあります。私の友人で、Austin, Texasに住んでいた友人に聴いた話では、「親は石油王とは言えないくらいの小金持ち」という息子にお宅に及ばれしたときにびっくりしたらしいのです。なんと!彼の家の敷地に入った門から、お家の家の玄関まで、なんと4miles(6.4km)あったとか (・・;)

私が住んでいた San Francisco Bay Areaはやはりお金持ちが多いようです。Silicon Valleyの内側に住んでいたのですが、San Francisco Cityは外側になります。

お金持ちはどの州に住むのか?がこのページ: やはりCaliforniaが多いんですね。

そして市で調べるとこんなにBay Areaの付近が入ってしまうのですね (・・;) お金持ちが住む市

全米分布図はこちらをごらんください:

世界的に見るとこんな感じです:

ここからが本日の本題です。アメリカのお金持ちは19%の人々が貧しい家庭の出身だった、という統計が取れています。

このページを見ていきましょう。 10個の特徴です。

http://www.cnbc.com/2016/05/25/10-traits-rich-people-have-in-common.html 

  1. 長期的な富のために初期費用は稼いだお金で、それを元手に働き、投資した
  2. 基本に忠実:大きすぎるリスクで最上の勝ちを得たわけではなく、86%は、投資の売り買いと維持、89%は基本的な株式と債券で
  3. 楽観的である:来年度の投資のリターンに対して楽観視しており、機会を捉えて投資する準備をしている。5人に1人は全財産の25%の現金で保持しており、買いの機会を見極めてそれを使う
  4. 信用取引を作戦を立てて使う。3人に2名は富を得るために信用取引を用いる
  5. 税についての情報入手を怠らない。決断により発生する税のさまざまな複雑さについて予期したり学び、55%が高い利益のためには、税について熟知していることが大切だと語る
  6. 価値ある具体的な資産が多様的である。ほぼ半分が、木材、不動産、農地への投資で、20%が美術品。
  7. 自己をしっかり躾けている。5人に5人が、短期的な欲しい物や必要なもののためにお金を作るよりは、長期的目標を果たすことのために投資をすることが大切だと言っている。
  8. 育つ過程において強いお手本・基本を持っていた。多くの富裕は富裕層に育てられたわけではなく、香味のあることを追求することを励まされたが、限度をしっかり設けられていた。次の5つのうちの4つはほぼカバーされていた人たちがお金持ちである;1.学業の成功 2.お金に対する節度 3.子どもの頃からの労働 4.家訓などに忠実であること 5.市民の責任を果たすこと
  9. 社会還元をする。社会貢献をする。2/3が家庭で強い慈善行為をすることを教わったとしている
  10. 家庭を大切にする。独身者はほぼおらず、他者と関わることが好きである。86%が既婚者あるいは長いパートナーシップを持っている。

いかがでしょうか?アメリカのお金持ちとあなたに共通点はありましたか?私はこれらを読んで、「いやー、本当だよなぁ」とひとりごちました。