全体的にUSと日本の差異は、スケール感が違います。正規分布であろうがなかろうが、右端と左端の長さが、何においてもUSのほうがギャップが広いのです。振幅の差が激しいわけです。

経済活動においても、私が住んでいたSilicon Valleyでは、華美にお金を使うお金持ちよりは、フツーに混ざって暮らしており、T-shirtsやポロシャツにジーンズで、特に高級でもない車に乗り、住宅街に何食わぬ顔をして住んでいるのに相当なお金持ち、という人のほうが圧倒的でした。

とはいえ、ものすごいパーティーなどに行く素養などもあって、タイミングやら場合やら相手や場所に合わせ、彼らはしっかりスーパーお金持ちの振舞いになるのです(笑)。あれ?このワインどうして?というくらいの値段のものをちゃっかり飲ませていただいたり、めったに入れない場所に連れていっていただいたり、などという恩恵も受けました♪ 本当にありがとうございました m(__)m

まず、マスコミでも見られるUSの著名財界人のチェックを(笑)。

2016年Forbesによる世界のお金持ち 

下部のほうまで読むと日本人でランクインした人たち27人が載っております。

お金持ちになりたいかどうか?お金持ちではなくても、多くの人々が、キチキチの経済状態よりは、ゆとりがあったほうがいいと願っているに違いありません。どの程度のゆとり?というのが、各個人で違う価値観になるのだろうと思うのです。では、日本ではなくUSでお金のゆとりが持ちたい場合、何を見ていけばいいか?ということについて考えてみましょう。ひとつ前の記事の「教育」はかなり安定した要素です。しかも、移民にやさしいようなデータを引っ張ってまいりました。

アジア人として生まれ育った私たちは、英語がそこそこできるようになれば、もともとの教育レベルがさほど低くもないので、お金持ちに属すための教育が続けられるチャンスが高いのです。ここは、日本の文化に感謝したいところです。文盲率はZEROだというデータに統一されており、字が読めない国民はいないはずで、日本で暮らしていくための教育はしっかり受けており、永住権を取得してたとえUSに移民したとしても、ビザで移住したとしても、英語だけ身に着ければ、大学卒業や大学院卒業はさほど難しくない確率である、というデータがあります。うれしい限りです。

 

さらに、日本でも年功序列の年収増収の傾向が、USであっても反映されており、2つのグラフを見るとわかるのですが、関連性が深く、教育をしっかりと受けていれば、年齢を経るに従い、増収するというデータが出ています。うれしい後押しです。日本でのライフスタイルも、実は自営業や経営者よりは、大企業型資本主義のレールに乗り、等級や号給などが年齢や勤続年数につれて上がるので、人生をプランするのに無理がないとされてきました。昨今では少し無理があるかもしれませんよね?

ただ、学歴と教育は別個に考えてもいいかもしれないです。とにかくスキルをつけていくことを心掛けていれば、年齢が上がったときに収入が上がっている確率は高くなります。文化的背景に違いがあるため、特にUSにしか住んだことのない人たちに「売れる商品やサービス」のチャンスは高くなります。日本に観光客を呼ぶ、インバウンド需要が、2020年のオリンピックに向けて徐々に過熱していますが、それよりも現地で売ってしまうほうが早いわけです。なぜならば、旅費や宿泊費が要らない分、たくさんの人数を相手にできる広い市場をスコープできることになりますので。

私個人もUSに戻った折には、やってみたい商売がいくつかあります。アイディアだけで終わるのか、実際に開花するのか?とても楽しみです。

もう一段階深く掘り下げてみましょう。では、USでお金持ちになる人々はどんな風に暮らしているのでしょうか?

抜粋する元資料はこちらのURL:

 お金持ちの暮らし方

 

1. The wealthy forget about instant gratification. お金持ちは簡単に手に入る満足感に重きを置かない

2. The wealthy understand the difference between wants and needs. お金持ちは「欲しい」と「必要」の区別を理解している

3. The wealthy invest automatically. お金持ちは自然に投資行動をする

4. The wealthy understand the cost of debt. お金持ちは借金にさらに乗せられる費用を理解している

5. The wealthy start with a goal and work backward. お金持ちはまず目標を決めてそこから逆算して何をすべきなのかを検討する

6. The wealthy live within their means. お金持ちは自分の範囲内の手段を用いて暮らす

7. The wealthy make short-term sacrifices お金持ちは短期的であれば犠牲を払う

8. The wealthy get help. お金持ちは助けを借りることをいとわない

9. The wealthy do math. お金持ちは計算をする

10. The wealthy take advantage of opportunity. お金持ちは機会を有効に使う

今のあなたはどうでしょうか?お金持ちの暮らしぶりをしていますか?もう少し検討してみるところがあれば、ぜひともこの機会に深く考えてみてください。

経済活動としては、USのほうが人口が多く、広い分、大いなるチャンスがあります!若いうちにお金持ちになって、その後の人生は社会還元をするライフスタイルを過ごせるかもしれません。世界一周旅行を時間を気にせず楽しめるなんてことが起きたら、とても楽しいですよね?