ブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが開幕して1週間が経ちました。
各国の選手がが熱戦を繰り広げておりますが、負の側面も見えています。
ブラジル各地で治安が悪化し、また大規模なデモやストライキが発生しています。
デモ・ストライキの中には、教職員や警官などの公務員も参加しています。
AS20160706001508_comm
彼らは給与が遅配しているので仕方がない面もあります。
私も同じ立場なら、デモやストライキに参加しているでしょう。生きるために。

しかし日本では、公務員はストライキの参加が禁止され、デモの参加にも制限があります。
汚職で政治が腐敗し、デモやストライキが頻発するブラジル
かたや大規模な汚職やデモやストライキがあまりない日本
どちらが民主主義国家なのでしょうか?

私は民主主義とは、個々人の意思・思想から物事を決める体制だと思っています。
古代ギリシャの直接民主主義から現代社会における議会制民主主義に至るまで、
民主主義国家において、その原則は守られてきています。

ブラジルでも大統領の腐敗などが発生していますが、
それに対して、議会や民衆が弾劾を要求し、大統領は裁判にかけられようとしています。
民衆は自らの意思を公に公表し、実際に行動して、自らの政治的立ち位置をアピールします。

日本ではどうでしょうか?
公務員は身分の保証と引き換えにストライキの権利を奪われています。
これは間接的に、お金で自由の権利を売り渡しているのと同じではないでしょうか?
また日本では千数百年以上にわたり権力の簒奪が起こっておりません。
1945年の敗戦後も、GHQは日本の政治体系を根本的に改変することは出来ませんでした。
これによって、日本人は過去の政治体系に縛られて、真の民主主義を理解できていないのではと考えます。
現代日本は表面上は議会制民主主義国家ですが、その実態はどうでしょうか?
一票の格差があり、時の政権は常にお金をばらまき続けて、間接的に民衆を買収しているのではないでしょうか。
自らの意思を表現できず、自由を奪われている現代日本を、
私はパンと娯楽を与えられて堕落した古代ローマ帝国と同じ状態であると考えます。