一旦ホテルに戻り、スーツに着替え直し、そのまま徒歩でAdam Frankの事務所に向かいました。
今回は事務所の横のホテルに泊まったので、とても楽でした。
 DSC_0111
ホテルの目の前に地下鉄の駅もあるので、観光等もしやすかったです。
彼の事務所は、ビルの5階の一室にあります。
DSC_0112
事務所の第一印象はスタッフの笑顔が素敵な感じでした。
日本の弁護士事務所と違って、ギスギスした雰囲気もなく、家族的な感じです。
スタッフ同士仲が良いんでしょうね。
面談・契約に関してはDさんが横で通訳をしてくれたおかげで、30分ほどで終了しました。
手付金として1000ドルを支払い、無事に終了しました。
そのままホテルに戻り、私服に着替えたところで、彼の事務所と彼とのツーショット写真を撮り忘れたのに気づき、
慌てて戻り、写真を撮らせてもらいました
DSC_0115
先ほどまでまじめなスーツ姿っだったのに、何故か私服なので驚いていましたが、快く撮影に応じてくれました。
英語が苦手な方でも、スタッフや通訳の方に同席してもらえば、特に問題なく契約することが出来ると思います。
 
DCで絶対にやるべき事は終わったのでここからは観光です。
Adam Frankとの契約を終えた後、WalmartとTergetに行きました。
DSC_0118
こちらの大型店は、日本とは規模の大きさと価格の安さが全然違いますね。
青リンゴが12個入りで4ドル、ミネラルウォーターが12本で4ドル、Tシャツ1枚5ドル。
夕食に日本料理屋でチラシ寿司を食べたのですが、
なぜか卵が錦糸卵状態ではなく、厚焼きの卵状態でした・・・
素人の現地人が作ったのかな。
やはり日本食は日本生まれの方が作ったものが美味しいですね。